カロリーオフやゼロについて

カロリーオフやゼロは本当にダイエットに効果的?

『ダイエット中だからカロリーオフの食べ物にしよう』
とカロリーゼロやカロリーオフの言葉に安心していませんか?
それらの言葉には落とし穴があることにお気づきでしょうか。

 

 

カロリーのオフの定義は100mlあたり20カロリー未満
この基準さえ満たしていればカロリーオフと表示してもいいのです。

 

 

例えば500mlのペットボトルの飲み物であれば100キロカロリーという計算になります。
わかりやすい食品で言えばシュークリームの半分から2/3個分が100キロカロリーにあたります。

 

 

『カロリーオフの食品であればダイエット中でも大丈夫!』
と思ってなんとなく飲んでいる飲み物も実はシュークリームと
同じくらいのカロリーを摂取してしまっている場合があります。

 

 

また同じように、カロリーゼロにも落とし穴があります。
カロリーゼロの定義は100ml中5キロカロリーで表示ができます。
なので500mlのジュースなら25キロカロリーとなるんです。

 

 

『それ位のカロリーなら…大丈夫でしょ♪』と少ないように感じていませんか?
少ないように感じている方は要注意です。

 

 

エクササイズで換算するとウォーキングで約15分相当の運動をしないと消費できないカロリーです。
ウォーキングを15分しないと消費できないカロリーを、飲み物や食べ物1つで摂取してしまっていることになります。

 

 

どうですか?

 

 

カロリーオフやカロリーゼロは意外とカロリーをとってしまっているのです。
特に運動が苦手で食事制限でダイエットをしている方は気をつけましょう。
あまり考えすぎてもストレスがたまってしまって良くないかもしれませんが、
一度で良いのでそういった食品や飲料を摂取していないか確認してみて下さい。
まったく摂取するなとは言いませんが意識するだけでも全然違ってくると思います。

 

 

カロリーオフ、ゼロの食品や飲料の摂取を意識して少しでも無くしていけば、
毎日の少しの積み重ねで数ヶ月後のダイエット効果が違ってきていると思いますよ^^

 

 

食品つながりの話ですが、今流行の人口甘味料にも注意して下さい。
スクラロース、アスパムテール、サッカリンなど有名な人口甘味料がありますが、
なんと副作用が報告されているようです。

 

 

副作用とは少し大げさかもしれませんが、
人口甘味料は砂糖などの自然の食品の何十倍~何百倍も甘く感じるようにできた食品です。
そんな人口甘味料の甘さに慣れてしまうと普段の食事が物足りなくなって
余計に味の濃い食品を求めてしまって摂取カロリーが高くなったり、
塩分や糖分を必要以上に摂取してしまうので健康にもよくないです。

 

 

ダイエットの知識を正しく知ってリバウンドを無くすためには、
食品や運動の知識を正しく覚えると効果的です。
知識をつけることで太ってしまう行動を先に見つけて対処できるからです。

 

 

ただし一気に知識を無理につける必要はまったくありません。
自分のペースで良いので少しづつ知識はつけていきましょう。

 

 

知識がなく間違った方法をとってしまって何回もダイエットをするよりも、
ダイエットを初めてから成功するまで失敗をしない方が誰しもうれしいですからね^^

 

 

当たり前ですが、口に入れるものが体を作ります。
自分の体にいいものをなるべく摂りたいですよね。
(たまにはコンビニやジャンクフードなどもおいしいですけどね 笑)

 

 

ダイエットはバランスが大切です。
ジャンクフードなどカロリーの高い物を食べたい時は、食べて運動をする。
運動ができない場合は食事制限でコントロールする。
と言った風に偏らないバランスがとても大切です。

 

 

無意識に余分なカロリーを摂取してしまっているケースは非常にもったいなく感じます。
食べる時は意識して食べるので気おつけていれば余分なカロリーを摂取することはないのですが、
カロリーオフ、ゼロなどの知識が無ければ無意識に飲んだりしてしまうので、
いつの間にか太ってしまったということになる可能性もあります。
人口甘味料も知識として覚えておいて損は無いので頭の隅に入れておいて下さい。

 

 

ちょっとした知識をつけるだけで十分ダイエット効果は違ってくるはずですから。