フレッシュジュースとスムージーの違いとは?

フレッシュ野菜ジュースとスムージーの違いとそれぞれの活用法とは?

たくさんの果物や野菜をまとめて摂取することができる大人気の
【グリーンスムージー】【フレッシュ野菜ジュース】
この2つを使ってダイエットを検討している方または実践している方は多いです。

 

 

2つとも果物や野菜をたくさん使っているので、酵素やビタミン、ミネラルの栄養素を豊富に含んでいます。
そのためデトックス効果や便秘改善などにも効果があるというわけです。

 

 

しかし、『この2つの違いはいったい何なの??』と言う疑問がある方も多いと思います。
そんな方のために2つの違いをリサーチしてみました。

それぞれの特徴や違い

グリーンスムージーの特徴とは?

グリーンスムージーの原材料は【果物+野菜+水(たまは氷)】
この原材料をミキサーにかけて作ったのがグリーンスムージーです。
もともとは氷を入れるのが基本でしたが、最近では体の冷えを防止するため
水を利用する方が多くなっています。

 

果物や野菜をそのままミキサーにかけているので、酵素や栄養素をそのままで摂取できます。
ミキサーであれば消化吸収されない食物繊維もそのまま残っているので、
腹持ちも良く置き換えダイエットなどに使用される事が多い食品です。

 

フレッシュ野菜ジュースの特徴とは?

フレッシュ野菜ジュースの原材料は【果物+野菜】のみで作られています。
果物や野菜の水分だけで作られるので別途水などは使用されません。

 

最大の特徴は、熱処理もしませんし高速ジューサーも使用しません。
その為、果物や野菜の栄養素を失うことはありません。
スーパーやコンビにの果物のジュースや野菜ジュースのほとんどは熱処理を加えているので、
栄養素が失われている物が多く、添加物が入っていますので同じ野菜ジュースでもフレッシュ野菜ジュースは栄養価が高くダイエットや美容目的に活用されます。

 

栄養価をしっかり摂取できる理由はコールドプレス製法と言われる独自の製造方法にあり、独自の低速ジューサーで使用するのが特徴です。
ただ、食材のエキスを抽出するため、食物繊維はほとんど無く胃腸が弱い方にもおすすめできますが腹持ちは良くありません。

 

共通点

グリーンスムージーとフレッシュ野菜ジュースの共通点は、
果物と野菜の酵素や栄養素を簡単に摂取できることです。
酵素は体の代謝を上げる効果があるので継続を毎日する事で太りにくい体質になります。
カリウムを含む野菜を材料にすればデトックス効果も期待できるので
老廃物の排出を促進して体内の内側からキレイにできます。

 

違い

フレッシュ野菜ジュースをグリーンスムージーの違いは、大きな点としては【食物繊維の有無】です。
グリーンスムージーは食物繊維が豊富(食材をそのままミキサーで混ぜ合わせる為)
フレッシュ野菜ジュースは食物繊維はほとんど無い(食材の水分だけを抽出する為)
ここが多きな違いになってきます。

 

グリーンスムージーはこんな方におすすめ

普段から便秘気味の方や置き換えダイエットを実践されている方におすすめです。
便秘気味の方には食物繊維が豊富ということもあって便の排出を促しますし、
置き換えダイエットをしている方にとっては腹持ちが良いと言う点でメリットがあります。
断食ダイエットで使用するのではなく中長期(1ヶ月以上)のダイエットで、
1日1食の置き換えを行う方法が一番良いベストな活用方法です。
あとグリーンスムージーは青汁と同じように粉末タイプが豊富なので、
手間もかかりませんし費用もとっても少ない部分もメリットです。
もちろんミキサーやジューサーを要りません。

 

フレッシュ野菜ジュースはこんな方におすすめ

グリーンスムージーを試してみて下痢気味になった方や、胃腸の弱い方は食物繊維が豊富だと体調を崩す可能性があるのでそんな方にフレッシュ野菜ジュースはおすすめです。
活用方法としてはジュースクレンズダイエットがおすすめです。
クレンズダイエットとは1日~3日ほどフレッシュジュースだけで
食生活をおくるダイエット方法です。
クレンズは【洗浄】を指しているので体内の消化活動を休ませることで、
デトックス効果やダイエット効果が期待できるわけです。
短期間のダイエット目的の方におすすめの方法です。