ダイエット中の便秘対策

ダイエット中の便秘を防ぐ3つのポイントとは?

 

『ダイエットには成功したのに便秘になってしまった…』
『便秘の状態でダイエットして効果はあるのだろうか…?』
便秘とキレイ痩せの関係は深いです。
減量できたとしても体型が便秘によってバランスの悪いポッコリお腹になると悲しいですよね。

 

 

自分がはたして便秘なのかわからない方もいると思いますが、
【週2日以下しか排便が無い状態】は一般的に便秘です。
当てはまっている方も多いのではないでしょうか。

 

 

もし、便秘の方はキレイに痩せるために便秘を改善する方法があります。
ダイエット中に便秘を注意しながら効率よくするためにはどうしたら良いのでしょうか?
※先天的な便秘の方は医師に相談してくださいね。

ダイエットと便秘の関係とは?

ダイエット中に便秘の方は食事の内容が原因です。

 

ダイエットで極端に食事量を減らしてしまう(特に絶食)と単純に便の元が少ないので量が減り便の回数が減ります。
そして絶食などで脂肪や炭水化物も取らない方は食物繊維も不足して更に便秘体質になるというわけです。

 

カロリーが高い脂肪はダイエットで減らしたい部分ですが、
脂肪は減らし過ぎてもいけません。
脂肪は便を柔らかくするする働きがあり、腸内で脂肪酸に変わり
それによって腸の水分吸収が抑えられます。
その働きで便秘の可能性も少なくなります。

 

もちろんダイエットでカロリーの高い脂肪を減らす事は重要なのですが、
脂肪を適度に取り食物繊維をしっかりとることが大切です。

 

便秘を改善するダイエット方法と食品について

ダイエット中の便秘を改善する為に必要なポイントは大きく3つあります。

食物繊維の力

便秘の改善には食物繊維が有効と良く言われますが、
食物繊維を大きく分けると不溶性と水溶性と2種類あります。

 

【不溶性食物繊維】
体に水分を溜め込み、便を柔らかくして排泄をスムーズにする働きがあり、
多く含まれている食べ物は豆類、野菜、穀類などが多いです。

 

【水溶性食物繊維】
腸内環境を整えて善玉菌を増やす働きがあります。
多く含まれている食品はこんにゃく、果物、海藻類などに多く含まれています。

 

2つとも便秘改善にはとっても必要な食物繊維でバランスよく摂取することが大切です。

 

ダイエット食品を選ぶ時はグルコマンナンやサイリウムなどを含んだものがベストです。
お腹が膨れて腹持ちもいいですし、便秘改善にも役立ってくれる食物繊維です。

 

睡眠不足の改善

ダイエットの中の便秘のトラブルは睡眠不足も多いです。

 

睡眠不足は自律神経のコントロールを不安定にさせるので、
排便のコントロールが乱れたり、ダイエット効果が薄れてしまったりします。

 

できる限り腹持ちの良いダイエット食品を選びましょう。
そうすることで空腹で眠れないことが無くなってきます。

 

適度な運動をする

ダイエット中の便秘には適度な運動は必要な要素です。

 

運動不足によって血行が悪くなったり筋力の低下を招いてしまうので、
便を排出する場合に必要な筋力が足りづに排便になってしまう可能性があります。
特に腹筋は一番排出時に使用する筋肉なので重要になってきます。

 

ただし運動をがんばりすぎる必要はまったくありません。
便秘気味の方は運動不足になっている可能性が高いので、
軽いウォーキングやエクササイズ、筋トレなどを少しづつ実践しましょう。、
自分にできる範囲で軽い運動で大丈夫です。

 

いつの時代も新しいダイエット商品がどんどん出てきたとしても
ダイエットには成功する人と失敗する人はいますよね。

 

 

それは正しい習慣や正しいダイエット方法が小さなことまでできているかの違いです。
便秘対策もその一つです。

 

 

便秘にならないダイエット方法を正しく見につけることで、
キレイ痩せが成功するか失敗するかも分かれてきます。

 

 

ダイエット中に現在便秘になっている方は、
この機会にもう一度食事を見直して便秘の改善に取り掛かりましょう。

 

 

便秘の状態ではキレイに痩せれる可能性は低いです。
毎日少しの工夫や便秘改善の意識をするだけで自然と
便秘改善のダイエット方法が身についてきます。

 

 

すぐにやる気になれない方は、キレイに痩せている自分を想像してみて下さい♪
そこでキレイになりたいと思った方は出来る事から取り組んでいきましょう^^