タバコとダイエット

タバコをやめても太らない2つのポイントとは?健康的に痩せる為には♪

『禁煙したら間食が増えて太ってしまった』
『タバコを止めて太っている人がいるのでタバコを止めたくない』
『禁煙すると口寂しくなるのが嫌だ』

 

喫煙はまさに【百害あって一利なし】です。
もちろん吸っている方が一番ご存知ですよね。

 

タバコは税金も上がってきましたし、これから金銭面でも健康面でも
自分の負担になってくるのは分かっています。
その分、禁煙のハードルも下がってきていて病院での禁煙治療は、
保険が適用できるので禁煙はとっても身近な存在になってきています。

 

しかし禁煙をして太ってしまう方は結構多くいますよね。
タバコを止めることで私たちの呼吸器系や消化器系がい改善されて、
味覚や嗅覚が正常になります。(タバコを吸っていない料理人が多いのはこのため)
感覚が正常になることで繊細な味が分かるようになってきます。
結果、禁煙により食べ物が以前よりも美味しく感じるようになって、食べすぎてしまったり
仕事の合間などで口寂しさに間食が多くなったりしてカロリーを取りすぎてしまう…

単純なことですが、タバコを止めると食べ過ぎてしまうと言うことです。
食べ物が美味しいのはとても良いことですが当然食べすぎは良くないので、
自分の意思で防いでいくことが必要になってきます。

 

禁煙するよりは、食事制限の方が楽だと思います。
ポイントは意識することとストレスを溜めることなく食事制限をすることです。

禁煙太りを防ぐ2つのポイント

食事の取り方を工夫する

禁煙によって食べ物が美味しく感じるととってもうれしいですよね。
ただ、美味しく感じると早食いや大食いになってしまう可能性があります。
早食いや大食いは太る習慣の代表的な傾向なので危険。

 

逆に、美味しく感じるのであれば口の中で噛む回数を増やしましょう。
食事をより楽しめるように咀嚼しましょう(20回から~30回程度)
満腹中枢が働き出すのは20分以上の時間が掛かります。
時間をかけて食事を取る方が食べすぎの防止に繋がってくると言う事。

 

注文時にもコツがあります。
若干少ないかなと思うくらいの注文をするようにして下さい。
食べ過ぎてしまう方は足りないかもしれないと思い注文の量が多めになる傾向があり、
お腹が苦しくなるまで食べてしまいます。
そんな状態になっている方は明らかに食べ過ぎ^^

 

 

適度な間食

タバコを止めると休憩中に口が寂しくなって食べ物を常に食べている方も多いです。

 

ただし、食べるなと言うわけでなく低カロリーに抑えることが肝心。
例えば、ガム(ノンシュガーガム)はダイエットを助けてくれるアイテムですよね。
口が寂しい時にとても役に立ってくれtる味方です。
低カロリーなダイエット食品のドライフルーツやクッキーなどもおすすめ。

 

間食は取らない方が良いのですが我慢できない人は低カロリーに抑えて食べる事。
禁煙もダイエットも無理に我慢するとストレスが溜まって失敗がつきものなので、
間食もあえて摂ることでストレスなく満足することも肝心です。

 

間食の回数を減らすのも良いですが、食べることで気分が良くなるのであれば
食べ物を低カロリーに抑えていく事も大切と言うわけです。

私たち日本人は飽食だと言われています。
食べ物が豊富にあるので、口が寂しい時には簡単に食べ物を手に取ることが可能。

 

必要以上のカロリーは摂らないようにすることは非常に大切です。

 

しかし我慢はし過ぎると、爆発してドカ食いなどに発展してしまうので
ノンシュガーガムや間食系の置き換えダイエット食品などを利用して
カロリーを制限していきましょう。

 

タバコを吸っている方は、吸う事が習慣になっているのでなかなか止めることはできません。
ただし、禁煙できたと言う方にとっては間食を止めたりカロリーを制限する事の方が簡単ですよね。

 

禁煙してもダイエットが成功できるように頑張っていきましょう^^