リバウンド防ぐ3つのポイント

リバウンド知らずになる為に必要な3つのポイントとは?

毎年のように新しいダイエット食品や方法が出てきますよね。
ダイエットに関する話題は常に尽きることはありません。
その理由の中に痩せても太るというリバウンドを繰り返している人が
多いのも原因としてあるのではないでしょうか。
ダイエットが趣味なの?と言う位いつもダイエットをしている人はいますよね(笑)

 

 

今までの人生でほとんどの方がダイエットをしたことがあるのでは?
女性ならほぼ全員の方がチャレンジしてそうなくらい身近な事ですよね。

 

 

ダイエットにチャレンジしている方が多い分、リバウンドしている方も多いとう言われています。
ある調査によるとリバウンドしている人はダイエット成功者の6割にもなるそうです。
参考元:パナソニッククラブ

 

 

なぜ何度もリバウンドを繰り返してしまうのか気になりますよね?
ダイエットは苦労するのでリバウンドしてしまっては悲しいです。

 

 

不摂生と言う理由でリバウンドになる場合もありますが、
実はリバウンドに関する知識が足りていないので無意識に
繰り返してしまっているとも言われています。

 

 

なのでリバウンドしないための知識を身につけて、体型を維持できるようにしておきましょう。

リバウンドが起こる理由

リバウンドの原因は大きく分けると2つあります。

精神的な原因

身体的な原因
と2つあります。

精神的な原因とは?

 

精神的な原因は食事制限をするダイエットをしたことある方は誰もが経験したことがあるかと思いますが、単純にストレスがたまることです。

 

それだけなの?
と思われるかもしれませんがストレスを感じると食事の量が増えたりしてリバウンドの原因としてはポピュラーです。
置き換えダイエット食品を選ぶときは味や風味、食感などライフスタイルに合わせてストレスがたまらないものを選ぶ事が大切になってきます。

 

特にボリューム、味の2点が大きな判断材料のポイントです。
少し前のダイエット食品はダイエットシェイクばかりでしたが今はバリエーションが豊富な
置き換えダイエット食品も豊富で味が単調でないものが多いです。
ストレスがないようにするために企業さんも一生懸命研究を続けているそうです。

 

つまり単純ですが、自分に合った置き換えダイエット食品を選ぶことで、
ストレスなくダイエットを継続できるということです。

身体的な原因とは?

停滞期をダイエット中に経験された方は多いかと思います。

 

ダイエットを始めて順調に痩せていった後で、
『体重が急に落ちなくなった…食事は制限しているのになぜ?…』
と言う状態がいわゆる停滞期です。
停滞期は原因がわからないことでストレスに感じる方も多いと思います。

 

しかし、原因が分かっていれば焦ることなく対処ができると言うわけです
停滞期をダイエット中に引き起こすのがホメオスタシス(恒常性)と言う人体の性質があります。

ホメオスタシスとは何?

人間の体内で起こる一定の体内環境を維持しようとする働きの事を指します。
極端にカロリーをセーブした短期間なダイエットをした時に、
人間の脳は『体にエネルギーが足りない!』『体が飢餓状態だ!』と判断して
摂取エネルギーを食べ物からたくさん蓄えようと働きます。
更に体の消費エネルギーを節約して体を守ろうと働いてしまうので、
停滞期はどうしてもリバウンドをしやすくなるわけです。

 

更に、ひとつ停滞期に厄介者がいます。
それはレプチンです。
レプチンは満腹中枢を刺激するホルモンです。

 

リバウンド防止でかなり大事な事なのでこれも覚えて下さい^^

レプチンとは何?

レプチンとは体の代謝と食欲の調整を行うためのホルモンです。
『お腹がもう満腹になったからこれ以上食べなくてもいいよ~』
と教えてくれる存在がレプチンです。
しかし急激にダイエットで痩せた場合をレプチンの分泌量が少なくなります。
簡単に説明すると満腹感が得られにくくなります。
また過食や睡眠不足でも体内のレプチンのバランスが崩れます。
レプチンが正常に戻るまで約1ヶ月のタイムラグがあると言われています。

 

この2つの働きがなぜリバウンドに影響するのか?

食事制限をすると満腹感が得られない状態から停滞期を迎えます。

 

停滞期をはじめて迎えたり停滞期の知識がなければ、
なぜ痩せないのか不安になり、それがストレスになってダイエットを
中断したり中止してしまう原因となります。

 

そして通常の食事に戻ってしまいます。

 

その状態の時に、
ホメオスタシスによるカロリーの溜め込み現象が起こり、
なおかつレプチンの乱れで満腹感を感じにくくなり、
食べ過ぎてしまって体重が増えやすくなってしまいます。

 

ホメオスタシスとレプチンとが2つ合わさって体重が増えやすくなってしまい、
リバウンドしてしまうということです。

リバウンドは停滞期に起こる場合が非常に多いのですが、停滞期を迎えても焦らないで下さい。

 

そのまま落ち着いて1ヶ月~2ヶ月は続けることと、食事の量に気おつけていば大丈夫なので焦らないことが大切です。

リバウンドを防ぐための3つのポイント【まとめ】

置き換えダイエット食品を実践してもリバウンドをしてしまっては意味がありませんよね。
上記でもお伝えしましたが精神的、身体的な原因から、
リバウンドを防ぐための3つのポイントをご紹介します。
参考になれば幸いです。

 

減量する体重は1ヶ月5%以内に抑える

体重の減量を5%に抑えることでホメオスタシスを防ぐのに効果的とされています。
その理由としてはホメオスタシスが一番多く働くのが、
1ヶ月の体重減少が5%を超えた時
だからです。

 

なので停滞期を防げるということになります。
なるべく停滞期を迎えないためにも5%以内に
体重を減少さることで痩せるのがスムーズになります。
急激なダイエットができる状態でもゆっくりと減量すれば、
ストレスもかからないので効率的にダイエットができます。

 

夏場や成人式に向けた急激な短期間ダイエットをしないといけない時もあると思いますが、
ダイエットはできるだけ計画的に取り組むべきと言うことです。

 

停滞期が来ても焦らずに1ヶ月は食事をセーブ

先ほどもお伝えしましたが、乱れてしまったレプチンが戻るまでは約1ヶ月はかかります。

 

もし『食事制限をがんばっているのに痩せない…』と停滞期がきてしまった場合は、
通常の食事に戻してしまってはいけません。
レプチンの遅れだと思って焦らずにダイエット食品などで食事のセーブを続けることが大切です。

 

しばらくすると自然に減量できるようになってきますから^^

 

ストレスがないように置き換えダイエット食品を選ぶ

人気商品やモニターさんの実践だけで置き換えダイエット食品を選ぶのではなく、
味や風味、食感が自分にあっている商品か選ぶことが大切です。

 

食事のストレスは人間の3大欲求の一つと言われているので、
自分に合っていない食品はストレスの原因をなります。
ダイエットを知ることでどれだけ食事がストレスに関わっているかがわかります。

 

充実している食生活をおくらないと、
覇気もなくなってきますし栄養不足やストレスで肌荒れの原因にもなります。

 

あとは2日とか3日とかの超短期ダイエットはおすすめできません。

 

痩せてもキレイに痩せにくくなるのでせっかく痩せるのであれば、
キレイに痩せることを考えていきましょう。

 

ダイエット食品を使ったダイエットは数種類ありますが、
断食ダイエットや置き換えダイエットが中でも人気です。

 

どちらの方法でも停滞期が来ると思って始めることが大切です。
またレプチンやホメオタシスの知識を持っておくことで、
停滞期ができて安心して焦らずダイエットに励むことができます。

 

ダイエットはがむしゃらに一生懸命やれば成功するというわけではありません。
痩せるためにはポイントやコツを知っておくことで効率よくなります。
知識を持って効率よく痩せることで無理な食事制限もしなくてよくなります。

 

食べずに痩せるよりは食べて痩せることが一番理想的な方法なので、
今回の停滞期の知識はぜひ覚えておいてくださいね^^