夕食がどうしても遅くなる!

夕食が遅くなる方が実践するべき3つの痩せる習慣とは?

『仕事終わりが遅く夕食が寝る前になるので太る…』
『残業が多い時に食事の時間帯が乱れてしまう…』

 

痩せる為の食生活の基本は21時までに食事を取ることと言われています。
現代の忙しい社会ではできない方も多いのではないでしょうか?

 

私の職場も出勤はゆっくりとしていますが、定時が22時なので
21時までに食事を取るなんて職場をやめない限り無理です(笑)
残業があったりすればもっと遅くなります。

 

朝食のカロリーはだいたい1日で消費されると言われているのでたくさん食べても
ある程度は大丈夫ですが、夕食のカロリーは活動エネルギーが少なく消費しきれないので、
身体に脂肪として蓄積されてしまいます。

 

更に夕食後の深夜食をどうしても食べてしまったと言う方は多いのでは?
夜食は駄目だとわかっていても、どうも我慢できないことはありますよね(笑)
悪いと思いつつそれが習慣になってしまっている方もいると思います。

 

なかなか改善できない遅い夕食や深夜食を直す為にはどうしたらよいのでしょうか?

遅めの夕食と夜食を改善できる2つのポイント

遅めの夕食は腹7分目程度で良く噛むこと
スープや温かい物を摂取する

この2つを取り入れるだけで効果は期待できます。

 

よく噛んで食べることは大切なことです。
腹7分目にしてよく噛みながら20分以上の時間をかけて食べるのが大切です。
早食いは太ると言われていますからね^^

 

またスープ系の食事であれば満腹感があります。(スープダイエットが有名です)
暖かい食べ物だと早食いも出来ないので大食いも防ぐことができます。

 

ただこんな方もいるのでは?
『このくらいはすでに実践しているけど自制して続けれないから悩んでいるんです…』
たぶんいらっしゃると思います

 

夜食って何故かおいしく感じるものなので止めれないのは私もわかります。
どいても夜食べ過ぎて太っているのが原因だと思われる方は
夜だけ1日1食を置き換えダイエット食品を摂取するのがおすすめです。

 

ダイエットを工夫が大切です。
夜食べることを我慢してストレスになるよりも食べても大丈夫な方法を実践することです。

 

 

具体的な例ですが、

夕食に軽めの食事をとって夕食の量を減らす
朝食は無理してでも食べる習慣をつける
深夜食は必ず置き換えダイエット食品

 

夕食がどうしても遅くなる方は夕食の間食がドカ食い防止になります。
パンや栄養補助食品などでもいいと思いますが、
置き換えダイエット食品だと低カロリーで食事をすませる事ができます。
間食を取る事で『夕方そういえば食べたな♪』と心理的に夕食の食べすぎを
防げるというわけです。

 

時間栄養学で食事の理想の時間帯は
朝食から12時間以内に夕食をとることです。

出来ない方もいると思いますので、
できなくて夜型の食生活になっている方は、
無理をしてでも朝食をとるように心がけるべきです。
朝食をとることで身体の代謝を上げてくれるので太りにくい体質になります。
朝食をとって代謝をあげることで肥満を防止できるというわけです。

 

まずはこの毎日のサイクルを習慣づけることが大切です。
そして先ほどもお伝えしたように深夜に食べたくなった場合は
置き換えダイエット食品で低カロリーに抑えましょう。
ストレスをためることなくカロリーを抑えることができます。

 

すべてを置き換えダイエットに依存してはいけません。
置き換えダイエットは痩せることをサポートしてくれる食品なので、
うまく活用すればダイエット効果は出てくるのですが、
まずは自分の食生活を工夫することが大切です。

 

うまく活用できてない方は逆に置き換えダイエットを使用してから太ったという方もいます。
その原因としては使い方が悪いかただ単にいつもの食事にプラスして
置き換えダイエット食品を使っているだけの方です。
(1日1食が基本の方が置き換えをプラスして普通の食事を取って1日2食にしているだけとか)

 

まずは自分の生活のリズムや習慣を見直すことも大事です。
正さないといけない部分はちゃんと正して、
どうしても難しい部分は置き換えダイエット食品などを使用する事です。
置き換えダイエット食品にすべて頼らずに太ってしまう根本的な部分を
見直すことで効率よく痩せることでできます。

 

どんな人でも正しくダイエットを実践すれば痩せることはできます。
遅めの夕食が習慣になっている方はそれを工夫することで、
ダイエットの効果が期待できます。