冷えないダイエット対策

冷え性対策をして効果的なダイエットを実践する方法

ダイエットとは健康的な食事を意味するのですが、入浴や運動や置き換えダイエット食品以外に
も痩せるためには大切な事はあります。

 

それは【低体温】【冷え性】の対策も大切になってきます。

 

ご存知の方も多いと思いますがダイエットに冷えは大敵と良く言われます。
体が冷えることで肌荒れや生理不順を招いてしまう場合もあります。

 

体の体温は非常に脂肪の燃焼に深く関わっていて
人の体は体温が1度落ちるだけで代謝がすぐ落ちてしまって
燃焼できるカロリーが少なくなってしまいます。

(1度下がるだけでなんと基礎代謝が12%も下がると言われている。)

 

例としては基礎代謝(何もしなくても自然に消費するカロリー)を1300キロカロリー
と設定すると156カロリーも余分に燃焼しなければ痩せることができません!
ウォーキングに換算すると156カロリー消費するためには30分前後も
歩かないと消費できないことになります。

 

さらに「体の冷え」は水分や脂肪が溜まりやすくなってしまって
便秘のもつながってくる
ので体重が増えるどころか
ぽっこりなお腹になったり下半身太りになったりスタイルにも
影響してきます。

 

摂取カロリーと痩せる消費カロリーのバランスは当然大事なことですが、
「痩せてきたけど体のスタイルがキレイじゃない」
「置き換えダイエット食品で食事制限しているけどなかなか効果がでない」
と言う方には「冷え性対策」が必要かもしれません。

 

女性の下半身太りは結構冷えが原因になっていることが以外に多いので
体の冷えが気になっている方はその対策をしたいですよね。

 

そんな女性が気になる冷えの対策を4つのポイントをまとめておきました。

 

半身欲や反復欲

痩せる入浴方法の半身欲や反復欲のやり方を間違えている方はいませんか?
【半身欲】
・37℃~40℃以下のぬるま湯につかったほうが良い
・湯量を調節してみぞおちの下がつかる程度にする
・汗が出にくい場合はソルト系の入浴剤かおおさじ1~2杯の程度の塩を活用する
・時間は1時間程度つかるのが好ましい
【反復欲】
・40~43℃のけっこう熱めのお湯につかる
・コップ1杯程度の水分補給をすること
・入浴以外は体を洗ったりして5分おきに入浴を繰り返す
・3回~4回程度に分けて繰り返す
半身欲と反復欲はどちらもおすすめですが、時間があまりない方は
反復欲がおすすめです。
このような入浴方法でデトックスを上げて代謝をアップしましょう♪

 

生姜(ジンジャー)の活用法

痩せるためにサラダなど比較的冷たい食事をしている方を良く見るのですが、
サラダなど非常に大切だと思いますが逆に冷える原因にもなります。
生野菜を食べるのを止めた方が良いわけではないのですが、
たまには調理したあったかい野菜など温野菜を食べること
またあたため効果のある生姜を摂取したりあたためを意識することは大切です。

 

五本指靴下を活用

体は基本的に下半身から暖めることが重要になってきます。
足の指はけっこう暖めにくい場所なのですが、
五本指靴下であれば簡単に暖めることができます。
血流が良くなって足先から冷えを解消することができます。

 

腹巻の活用

腹巻は親父くさいと思う方も若干いるかもしれませんが、
女性でも腹巻はけっこうする方が多いです。
腹巻をすることによって内臓や脳に集まってくる血液が手足に先に流れます。
なおかつ便秘解消にもつながってくるのでおすすめです。
末端の部位を暖めるのに効果的ですね。

 

この4点が冷え対策で最低限チャレンジしてほしいポイントです。
できればこれ以外にもエクササイズなども取り入れてほしいです。
理由は運動不足で冷え性であれば本当に痩せない習慣だからです。
なのでエクササイズがもしできなくても冷え対策はしっかりしましょう。

 

冷えはに悩んでいるのは女性だけでなく男性にも増えてきているそうです。
なので彼氏やご主人が冷えに悩んでる方がいれば、一緒に冷え対策を
すれば楽しく冷え対策を楽しみながらダイエットができると思います。

 

あなただけではなく家族にも冷え性に方がいれば一緒に、
冷え対策をしてみてはどうでしょうか^^