更年期のダイエット

更年期のダイエットに必要な栄養素とポイントとは?

『いつもと食べている量は変わらないのに体重が増えてしまう…』
更年期になるとこんな経験をされている人は多いのではないでしょうか。

 

【更年期とは?】
閉経前後5年くらいの時期を指します。
年齢的としては45~55歳くらいの時期にあたりますが、
個人差が大きく、人によって違ってきます。

 

更年期太りの原因とは加齢による代謝の低下と、
更年期の女性ホルモンの問題(更年期障害)の2つになります。

 

男性も女性も加齢による代謝の低下は同じで、
筋力の減少や基礎代謝が落ちることによって
1日に消費できるカロリー(基礎代謝)が減少してしまいます。

 

まず、代謝の低下に関して上げる為に食事法の改善(酵素が豊富なものにする)と、
筋肉量をエクササイズなどで増やすことで補うことが大切になってきます。
酵素をとると代謝アップにつながる話は良く聞くと思います。
後、ウォーキングなどが運動としてはもっともポピュラーですが、
水泳など足腰に負担があまりかからない運動もおすすめできます。
ウォーキングの場合はきちんちしたウォーキングシューズを活用して
足腰の負担を軽減するようにしてください。

 

では更年期障害で太る原因とは何でしょう?

 

更年期障害で太る原因と対策

エストロゲンの減少(女性ホルモンの一種)

更年期の体質増加の原因は女性ホルモンの1種である
【エストロゲン】の働きが影響しています。

 

エストロゲンの別名は排卵ホルモンと言われているのですが、
月経や妊娠と深い関わりを持っている女性ホルモンのこと。

 

また、丸みがある女性特有の体のライン、ツヤのある髪の毛を作り出す働き、
コレステロール値をコントロールしたり、骨を丈夫にしたりする働きがある非常に重要なホルモンです。

 

エストロゲンの分泌が高まる期間(生理後に分泌が増える)
にダイエットをすることは効果的と言われていて、ダイエットの(痩せ期)と言われています。
(痩せ期と言われているのはホルモンの影響によって体も心も安定して新陳代謝が活発になるためです)

 

更年期に突入するとエストロゲンの減少が活発になり、
閉経するとホルモンが殆ど体から消失してしまうと言われています。

 

痩せ期が無くなる事によって更年期が太りやすいと言う訳です。

 

さらに、更年期は自律神経のバランスが崩れやすなり落ち込みやイライラなどの
症状も現れやすくなり、中年期には更年期障害でなくてもメンタルが不安定になってしまいます。
子供が独立するなどして環境が変わり、心に穴が開いたような空虚感をもつ人も多いようです。

 

そういう時の為に、新しい生きがいを見つける事が大切です。
新しい趣味やスポーツなどに積極的に取り組んだり、読書をしたり動物を飼ってみたり、
ブログを解説したり、何か習い事を始めてもいいと思います。
何でも良いのでチャレンジしてみるのがおすすめです。

 

マンネリを防ぐ防ぐためにはパートなどの仕事をしてみるのもいいと思います。
仕事場の方が友人を見つけやすいので再度働く人も多いですね。

 

体重の増加に関しては健康的な食事やカロリーの見直しをしなければ、
更年期障害のイライラの症状からストレスに繋がりやけ食いに走ってしまう可能性もあります。
腹八分目にすることも大切なので、若干太ってきたなと少しでも感じたときは
レコーディングダイエットなどを実践してみて自分の食生活などを一度見直してみましょう。

 

更年期障害を暖和する為に効果的な栄養素とは?

更年期の症状を和らげてくれるとっておきの栄養素とは、
ビタミン、ミネラルになります。
日本栄養士会の記録によれば、良質な野菜とたんぱく質が中心の食事を摂取して、
ミネラルやビタミンB軍やEを積極的にとる事を推奨していて、
このような食事を普段する事で更年期障害が暖和されると報告しています。

 

更年期を迎えても常にきれいでいることは簡単ではないのですが、
ずっとキレイでい続けている女性はやっぱり憧れますよね^^

 

置き換えダイエット食品で食事をコントロールするのも良いと思いますし、
時間がある方はオリジナルのグリーンスムージーを作ってみてもいいと思います。
料理が大好きな方はそのレシピをクックパッドに載せて見たりとSNSを利用すれば趣味になるかも♪

 

更年期太りは代謝の悪化とエストロゲンの現象が原因なので、
原因を理解することによって対策がうてるので前向きにダイエットができます。

 

女性なら第二の人生を楽しむために常にキレイでいたいですよね^^