産後ダイエットの注意点

産後太りの2つの原因と痩せる為に必要な対策とは?

『産後に急激に太ってしまった…』
『妊娠前の痩せていた体型に戻したい…』

 

妊娠すると、
元に戻せる方とそのまま太ってしまう方と分かれてきますよね。

 

育児が大変忙しくて痩せる方もいると思いますが、
以前の体重に戻せるかどうか不安な方が多いと思います。
マタニティブルーにかかってしまい過食になってしまう事例もありますので、
気をつけたいところです。

 

綺麗なママでいながら育児を全うしたいですよね。

 

産後太りの2つの原因

産後太りの原因は大きく分けて2つあります。
・モナリザ症候群
・マタニティーブルーからの過食

この2つが大きな原因と言われています。

 

妊娠すると母体と赤ちゃんとを守る為に体脂肪が付きやすくなることは当たり前の事です。
特に母乳育児をされている方は普段よりもカロリーを多く摂取するため一定期間体重が増えます。
ですので、基本的には妊娠後に太るのは普通のことです。

 

しかし、マタニティーブルーやモナリザ症候群は防ぐことができます。
マタニティーブルーからの過食とモナリザ症候群への対策を
ちゃんとしていれば必要以上に太ってしまうのを防ぐことができます。

 

モナリザ症候群とは何でしょう?
たくさんの食事を摂取していないにもかかわらず、
どんどん肥満になる事です。
原因としては、年齢とともに代謝が下がる事と
主婦業で活動範囲が狭くなり徐々に交感神経が鈍り、
体がエネルギーを十分に使うことにあります。
簡単に言えば食べていないのに太ってしまうと言うことです。

産後太りの対策

マタニティーブルーからの過食対策

産後はホルモンバランスが急激に変化します。
自身でそのことを認識することでストレスの負担が少なくなります。

 

原因がわからないことはストレスにつながってきます。
理由がわかることで安心できるのでドカ食いやヤケ食いなどを防ぐことができます。

 

もう一つ安心してもらいたいのが、
産後のうつ自体は10人に1人がなります。
非常に普通のことなのでそんなに不安にならなくても大丈夫です。

 

『この症状は今だけだから大丈夫♪』と心の中でで言い聞かせ、
アロマ、ウォーキング、ヨガなどのエクササイズで
食事以外のストレス解消方法を実践していきましょう。
子供と思いっきり遊ぶことも十分な運動になります。

 

骨盤ダイエットなども最近は産後に活用されている方も多いようです。

 

アロマも効果的でキンモクセイの香りなどは、
空腹感を抑えてくれると言われているので是非試して見てください。

 

モナリザ症候群への対策

交感神経の乱れがモナリザ症候群になってしまう原因なので、
まずはしっかりした生活習慣を心がけることが大切です。

 

交感神経は生活リズムがおかしくなると乱れてきます。
子育てで昼と夜が逆転したり、運動不足になったりと
大変だと思いますが家族で協力してがんばりましょう。

 

後は、ストレスが溜まると人間は今しか見れない状態になりますが、
赤ちゃんとの明るく楽しい将来を想像して前向きな気持ちになること。

 

たまには実家や旦那さんに赤ちゃんを預けて友達と旅行や買い物など、
自分だけで悩まずに回りに協力してもらってたまには息抜きも必要です。

 

SMSでも同じような悩みを持っている方はたくさんいるので、
同じような主婦仲間をネット上で作るのも効果的かもしれません。

 

SMSであればいつでも励ましあいや情報交換ができるので、
そういう場があったらいいですね^^

 

『産後はストレスやホルモンバランスで不安定になる』
と事前に心の準備をしておくと効果はあると思います。

 

それでもストレスで過食になってしまった場合は、
カロリーが低く栄養バランスがしっかりとれたダイエット食品などを活用して、
カロリーコントロールが常にできるように準備をすることです。

 

母乳で子育てされる方はしっかり栄養を取ることが大切なので、
無理なダイエットをしないように気おつけましょう。

 

後は、産後ダイエットの場合は忙しくてなかなか自分の時間が取れない為、
代謝が落ちてもエクササイズなどの時間が取れない方は酵素ドリンクなどで
代謝を上げるようにしていく工夫が大切ですね^^