授乳中のダイエット

授乳中にとりたい栄養素とおすすめのダイエット食品とは?

『産後のダイエットのために置き換えダイエット食品を使用する予定だけど授乳中は大丈夫?』
と言う心配をされている方も多いようです。

 

授乳中に極端なダイエットをしてしまうと母子共によくないことです。
しかし、キレイなままでいるための努力はしたいですよね。
(大変な育児だけで痩せる方もいるようですが…)

 

もちろん、授乳が終わってからでもキレイ痩せすることは難しくありませんが、
できれば卒乳する前に十準備しておきたいと言う方は無理をしない
ダイエット方法とダイエット食品を活用する事が重要です。

 

授乳中に摂取したい栄養素と摂取しない方が良い栄養素とは?

母体の血液から母乳は作られているので、
摂取した栄養素とは非常に深い関わりがあります。
母体の栄養バランスがとても重要と言ううわけですね。

 

授乳中に摂取したい栄養素

【カルシウム】
授乳期は一生で一番カルシウムが不足する時期。
もともと日本人はカルシウムが不足していると言われています。
カルシウムが不足すると骨粗しょう症などになる可能性がありますので、
骨密度が少なくならないようにカルシウムは意識して摂取しましょう。
【葉酸】
葉酸が授乳中に必要なのは常識となっていますが、
葉酸は授乳中にも重要な役割を持っています。
母体の血液から母乳はできているのですが、葉酸は
良質な血液を造るために重要な栄養素となってきます。
葉酸は赤血球を作り出す鉄分と同じような働きがあります。
【鉄分】
もともと鉄分が不足している女性は多いようです。
赤血球を作り出すために鉄分は必要な栄養素です。
【たんぱく質】
たんぱく質は三大栄養素。
筋肉を精製するときにたんぱく質は非常に重要な働きをします。
筋肉量が低下すると、代謝が落ちて太りやすい体質になっていしまいます。
たんぱく質は人間のエネルギー源の基礎となるので産後太りの予防にも
なりますのでなるべく摂取していきましょう。

 

授乳中に摂取しない方が良い食べ物について

授乳中には脂っぽい食事や、キムチやカレーなどの刺激物、お餅などの
食事は摂取しないほうが言いと言われた方は多いかもしれませんが、
正直そこまで過敏にならなくても大丈夫です。
逆に、気にしすぎて栄養バランスが悪くなるのであれば摂取した方が
いいと思います。
母体にとって健康的な食事は赤ちゃんにとっても健康的な
母乳になると言うことが基本なので、上記で挙げた得に摂取した方が良い
食品を摂取して栄養バランスの取れた食事だけを考えれば大丈夫。
脂分やお餅を摂取すると母乳が出なくなると言うのは迷信に近いもの。
そういう方は下着がきつくて母乳が出なくなっている方や、栄養バランスが
単純に崩れたりしている別の原因の場合が多いようです。

 

授乳中に安心のダイエット食品とは?

先ほど授乳中に摂取した方が良い栄養素の話をしましたが、
これらを毎日バランスよく摂取することが一番肝心と言うことです。

 

ダイエットを授乳中に始めておきたい!
と言う方はこれらの栄養素を摂取できる酵素ドリンクがおすすめです。

 

 

酵素ドリンクには産後ダイエットのために作られた商品もたくさんありますし、妊娠中の運動不足で悪化している代謝を上げてくれる働きもあります。
代謝が落ちている時に運動不足になっている事や、赤ちゃんのために栄養をたくさん取る
と言う状態が続くことで産後太りになってしまいます。

 

赤ちゃんが最優先なので無理な食事制限などは決してしてはいけませんが、
代謝を上げる習慣を身につければ卒乳後のダイエットがしやすくなります。
酵素ドリンクと育児の忙しさで卒乳後に痩せている方も結構います。

 

授乳中でなかったとしても無理をした食事制限はよくありません。
ダイエットの理想は食べながらた痩せることなので、
酵素ドリンクなどはとても効率的に安心できる置き換えダイエット食品と言えます^^