生理時の体重増加について

生理時の体重増加とダイエット対策まとめ

『体重が生理前に増えてるのってどうして?』
『生理のせいで痩せても不安定』

 

生理は体重にも精神的にも影響を大きく与えます。
性格な知識を持っていれば焦ることなんてありません。
体重が良くわからないのに安定しないと不安ですよね。

 

まずは生理のメカニズムを理解して余計なストレスを感じないように知識を持ちましょう。
体重が増える理由がわからないとストレスになりますので、
やけ食い、ドカ食いなどを引き起こしてしまう可能性がありますからね。

 

生理前に体重が増加しやすいのは3つの原因があるといわれています。
女性ホルモンによる食欲増加とむくみが生理前に体重が増えてしまう原因です。
食欲が増えてしまう原因は女性ホルモンの1つであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用とされていて、
生理の2週間くらい前から女性のは受胎に備えてプロゲストロンの分泌量が増えるんです。
大切な赤ちゃんを健康に育てるために子宮内環境をいっそう良くしようと働きかけるんです。
また、プロゲストロンは水分を体に蓄える性質を持っており、
むくみを生じさせるので一時的に体重が増えてしまうんです。

 

更にポロゲストロンあ大腸の働きを低下させるために便秘気味になるんです。

 

まずは、体重増加の理由を理解して無駄に不安にならないようにすることが肝心です。
一時的になっているだけだと言う事を認識しましょう。

 

生理前のダイエット対策のまとめ

生理のメカニズムを認識しよう

生理の一般的なサイクルとは?
・生理期間中
・排卵後~生理前
・生理終了後~排卵日

この3つのサイクルで成り立っています。

 

もっとも太りやすい時期が、
【排卵後~生理前】と言われています。

 

逆に一番痩せる確立の高い期間が、
【生理終了後~排卵日】になります。

 

最も重要なのが、
一番痩せやすい期間にダイエットをしっかりしておくこと。
一番痩せやすい期間は心を落ち着けること。

 

ダイエットで【ドカ食い】【やけ食い】に走って失敗する方は多いのですが、
その原因はストレスからくる食べすぎがほとんどです。

 

整理前の体重増加のメカニズムをわかっていないと、
『ダイエットを頑張っても逆に太ってしまう…もう辞めようかな…』
と投げやりになってしまうかもしれません。

 

メカニズムを知っていれば精神的にも安定します。
痩せにくい時期などはアロマをしたりしてリラックスするようにしましょう。
ダイエットの小休憩と思ってやってもいいと思います。

 

間食を摂るのであれば低カロリーに

女性ホルモンの影響でお腹が減るのがどうしも我慢できないと言う場合は、
我慢するのではなく食べてしまいましょう。
その場合のポイントですが、低カロリーの間食を夕食にとることです。

 

深夜は脂肪がつきやすい時間帯なのでNGです。
夕食に間食をとることで夕食や深夜食の食事の欲求を減らすことができるので、
ダイエットの基本として是非覚えておきましょう。

 

豆乳クッキーダイエットなどの間食系のダイエット食品はカロリーセーブを簡単にできるのでおすすめ。
間食は80カロリー程度に抑えるようにして?み応えができるだけあるものにしましょう。

 

小さなことですが、ダイエットにはコツがあります。
体のメカニズムを知ることは効率的に痩せるために本当に大切な事です。

 

自分の生理のメカニズムを知るために記録をつけることも大切です。
携帯のアプリで生理の周期を知ることもできるので、それがわかれば安心です。

 

痩せる時期にはもっと頑張って、痩せにくい時期には少し休憩するといった感じで、
ダイエットはメリハリをつける事で継続しやすくなると思います。

 

上手く生理のサイクルを活用し、キレイに痩せることを目指して頑張っていきましょう♪